OG MAGAZINE | oceanglidesurf.comのブログ。サーフィン・サーフボード情報から日常のあれやこれやを気まぐれに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ++ YO ++ on  | 

台湾トリップ 参

・・・夕べ少し早く寝たとは言え、
朝起きるのが辛かった・・・身体も痛い。

天気は雨...北よりの強風...
(日本が木枯らし一番の日)
この朝は一気に県内を南下して、北上しながら
波チェックってことで、支度してすぐに出発!
taiwan出発朝
朝食はローカルスタイルの揚げパンと蒸しパン
を途中で買っての車中食。
一時間程度走っただろうか、最初のポイントに到着。
taiwanシークレット4
しかし、波は小さく、風も悪い。速攻次って感じで移動。
この後、前日までチェックしたポイントを全て回り、
どこもイマイチで結局民宿そばのメジャーポイント
大渓(ターシー)というところへ。
さすがにメジャーポイントとあって以外と賑わって
いたのにビックリ!?ざっと30~40人くらいいただろうか...
風はかなり強いがサイドオフ、波はハラ~たまのセットアタマちょい。
しかも、ガッツリ掘れる。これはヤバイぞ?!
でも、もうここしかないってことでみんな着替えて入水準備。
ロコたちも集まってきてぼくらのボードを興味ありげに眺めてた。
そんな中オイラは用を足し、みんなに遅れること数分後に着替えて海へ。
体操しながら波を見てるとhiromiちゃんが
テイクオフ!立った瞬間下がなくなり真っ逆さま。
「ウォ~、危険な波だぜ!」なんて気合いを入れ直し入水。
テイクオフポジションが近いのでゲットはなんてことないが、
タイミングを間違えると大変。
掘れた波が背中に落ちてエビ反り状態。
入水後みんなを見てたら、降る降る。
魚雷発射しまくりですよ。
だからなのかオイラたちの周りにはほとんど地元の人は来ず、
混んでいながらも降り放題。
入ってしばらくはタイミングが分からずイマイチ乗れずにいたが、
だんだん分かってきた。乗れれば意外にいいかもしんない!!
しかし、女子は降る恐怖と寒さと戦いながら2時間くらいやった
ところでギブアップ。
A-Frameの店長は早々上がっていたので、
海にはポール、タカさん、takeちゃん、オイラ。
女子が上がってほどなくポールたちも上がって行った。
「じゃぁ、オイラたちも上がるか」って岸を見たら、くっ、車がない?!
「きっと女子が寒がってたから、先に宿に送っていたんだな!?」
なんて言って波乗り続行。
しかし、待てど暮らせど車が戻って来る気配がない。
でも、この間が一番調子良く乗れてたんだよね~!
しばらくしても戻ってこないので、「上がれば何かメッセージが
残されてるかもしれん」ってことで海から上がる。
そしたらタカさんポールさんがいてずっと見てたみたい。
そして、車は近くのお寺にあるらしいことが分かった。
寒い中みんなを待たせてしまったので、超速攻で着替え、
暖かいものを食べに出発。みんなごめんよ!

で、チャーハン喰おうってことでタカさんたち
御用達のお店へ。しかし、一歩遅かった...
チャーハンが人気とあって、もう米がないと。
「なにーっ」「じゃぁ焼きそばだ!」
それと、スープも。
おばあちゃんが、あっという間に8人分のそばを焼き、
スープを盛って娘さんが出してくれる。超早業。
おかげで腹も膨れ、暖まったので宿に。
夕方最後の波乗りの為に!民宿前で。
実際、宿ではのんびりまったりくつろいでる時間は
そんなになく、濡れたウェットと格闘しながら着替え
最終ラウンドに向かった。
taiwan朝日曜
ここの波が一番ハード。掘れるは、よれるは、流れもあるはで。
サイズはここもハラ~カタ、セットアタマ。
で、暗くて波が見えなくなるまでサーフして。
イマイチ不完全燃焼ではあるが、オイラの台湾での
サーフィンは終了した。
あ~、しかし身体が痛いわ。

この後は最後の夜ってことで街へ...
つづく...
スポンサーサイト
Category : 日記
Posted by ++ YO ++ on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。